自転車観光は地域の経済活性化に大きなポテンシャルを秘めています。
さらには「自転車活用推進法」施行後に大きな発展を見せています。全国に1700余りある自治体において補助金との関係でチャンスは更に広がりました。
しかし大きな岐路に立たされていると言えます。
それは観光は「パターン化」されたものは成立しにくいです。
つまり成功した事例を真似ることでは何も生まれません。
観光」とは地域特有の風景や文化を活かし訪れる人々に「特別な体験を提供」することです。
地域の自然や歴史を生かしたルート開発は、観光客に新たな魅力を提供し、地域経済にも大きく貢献する可能性があります。

自転車観光の現状分析

観光の現状と自転車観光の可能性

まずは自転車以外の一般的な観光現況を確認します。
なぜならばその観光資源に自転車を付加する可能性を知っておきたいからです。

  • 自然を使った観光資源(滝や池等)
  • 有名な施設(神社仏閣等)や食事処
  • 映画やロケ地に使われた場所

恐らく訪問者が訪れる場所は既にウエブ検索で上位に位置しています。
私たちも「自転車観光」として一つの可能性リストを作成します。
ただし上記の観光地を巡るなら自転車でなくても十分楽しめます。
ではなぜ「世界的には自転車観光がとても人気」なのかを考察します。
それはずばり「健康や環境への意識が高い層」からの関心が高いからです。
これはまだ国内の自転車観光で達成出来ていない部分です。
このニーズこそが私たちが掘り起こしたい観光資源です

自転車観光資源の特定と評価

現状の観光資源の続きです。
最初に挙げた項目はむしろ誰も現地に行かなくても知っている資源です。
でも、現地に行ってこそ味わえる感動はもっと沢山存在します。
実際に感動は訪問者にとって「素直な感動」があります。
それは個人のSNS等で広がります。その中で自転車観光は重要な要素と成りえます。
自転車移動は「地域固有の自然景観や文化的要素」が自転車観光の魅力を形成する重要な要素です。
これらを特定しかつ評価することでどのように観光ルートに組み込むかを計画することができます。
例えば、地元の歴史ある建築物や自然の名所をルート上に配置することで、より魅力的な観光体験を提供することができます

自転車観光の開発戦略

自転車観光開発必要条件

現況の観光資源を周遊する旅だけでは自転車観光が成り立ちません。
効果的な自転車観光の開発には沢山の準備が不可欠です。

  • 適切なインフラの整備
  • 安全かつ魅力的なルートの確保
  • 地元住民との協力

これらが全て揃ってこそ自転車観光は地元に利益をもたらします。
私たちがウエブ上での調査をおこなった結果、これらを満たしている自治体がほぼ無いことも無いことも分っています。
つまりこれは「チャンス」があることに他なりません。
加えて地元のビジネスと連携して飲食店や宿泊施設といったサービスを提供することも重要です

プロモーションとマーケティング

観光を誘致する際に既に駅や旅行代理店にあるパンフレットの効果は少なくなりつつあります。
書店で観光ガイドブックを購入する方は一定数いらっしゃいますがそもそも書店は街から消えつつあります。
そんな時にプロモーションに不可欠な道具はやはり「ウエブサイト」と「SNS」です。
デジタルメディアやSNSを活用したプロモーション戦略は特に若い世代の観光客を引きつけるのに効果的です。また、ターゲット市場に合わせたマーケティングアプローチを考えることも重要です。

  • ファミリー層→安全性や楽しさ
  • 若年層→冒険や発見
  • 壮年層→歴史や物語

もちろん「全ての層に向けてミックスして伝える」こともありますがほぼうまくいきません。
まずは訪問者が何を求めているかを最初に考えなくていけません。
SNSには特定の層に向けたプロモーションがとても効果があがることがあります。
それも上記のような条件を考慮していなくては費用がまったくの無駄に終わる可能性もあります

持続可能な自転車観光の確立

自転車観光に限らず持続可能は現代の「観光キーワード」としてとても重要です。
地域の自然環境を保護し地域コミュニティと協力して持続可能な観光を実現することが重要です。
例えば環境に配慮したルート設計や地域の伝統や文化を尊重する取り組みが含まれます。
これらは訪問前にウエブサイトやSNSでの積極的な発信にも有効な手段の一つです

成功事例の分析と教訓

戦略のまとめです。これは自転車観光においてとても重要な作業です。
国内外の成功事例を分析しなおかつどのような要素が成功に寄与したのかを明らかにすることです。
冒頭にもありますが成功事例は簡単に模倣(コピー)出来ません。
むしろそれはうまくいかないことが地域の特性のせいにしがちです。
うまくいかないのは単純に成功例を真似たことに気づかないのです。
私たちが大事にしているのはむしろ「失敗例」です。
これらはウエブサイト上でもなかなか見つけられません。
それでも成功例だけではなく失敗例にこそ「自転車観光のヒント」があります。
私たちはまさにその失敗例を集めることに注力しております。
成功から教訓はなくあるのは失敗歴からだけです。
もちろん、自転車観光をおこないながら試行錯誤は不可欠ですがそれでも他地域からの学びは活かさなければないりません

まとめ

自転車観光は従来の観光業には無い地域の魅力を活かした新たな観光資源として大きな可能性を秘めています。
私たちはその開発と実現に向けた具体的なアプローチと戦略を提案いたします。
自治体や観光業界におけるご担当者がこれらの情報を活用しなおかつ効果的な自転車観光資源の開発に取り組むことを目指しております。
その手伝いをさせてくださいませ

自転車観光には「成功例を真似」してうまくいくことが少ないパターンです。地域特性をじっくり調べてそれらを活かすために「観光をカスタマイズ」するしかうまくいきません。強みを活かしましょう